三井ホームの値引き

管理人は値引きのために相見積もりを交渉材料にしました。

三井ホームの値引き

三井ホームは注文住宅のメーカーで社会的信頼度もかなり高いですよ。
また三井ホームはソノマやシュシュなど落ち着いた居心地のいい家や、
女性目線の「あったらいいな」を揃えたシュシュなど家の種類も多いのが特徴です。

 

 

 

 

三井ホームで値引きするには?

 

 

 

 

三井ホームは大手のハウスメーカーですが一体どうやって値引きする方法があります。
三井ホームに限らずよく新築の費用は高すぎだといわれますが、
実際はそこまで高くありません。しっかりとした根拠のある金額なのです。

 

 

しかし

 

 

 

支払いが大変なのでもう少し安くしてほしい。

 

 

大金を使うんだからもっと値引きして欲しい。

 

 

 

そういった理由で値引きして欲しい方も多いのではないでしょうか?

 

 

三井ホームの値引き方法は3つあります。
どの方法もお願い方式で値引き交渉を進めてくださいね。
上から目線で「もう少し値引きしろやwww」
みたいな態度を取ると値引きしてもらえるものも
してもらえなくなります。

 

 

 

 

三井ホームの値引き契約前

三井ホームの値引きの契約前について書いてみたいと思います。

 

 

 

三井ホームでの契約前の値引き方法は、
他社との合い見積もりを取ることです。

 

合い見積もりを取ることで、
三井ホームで契約しようか?
それとも他社で契約しようか?

 

 

 

とまだ決まっていない状態なので
最初の段階で値引きをしてもらえるように営業マンに気にかけてもらいます。

 

 

 

営業マンも多少の値引きをしなくては、他社に逃げられてしまう。
といった心理が働くので、値引きに対してもいろいろと協力的になります。
しかし注意しなくてはいけないのが、値引きの金額です。

 

 

 

最初から無茶な値引きを伝える前に、自分がどんな家を作りたいのか?
いくらくらいで作りたいのか?事前に決めておくようにしましょう。

 

 

値引きは自分の予算と実際の見積もりの金額に差異が生じた時に、
出来る限り自分の意向の金額に近づけるために行います。

 

 

 

そのためにはまずは自分の支払える費用をしっかりと決めておきましょう。

 

三井ホームの値引きは契約時

三井ホームの値引きで契約時が一番重要な時です。
このタイミングで値引きに失敗すると、数十万以上多く支払うことになります。
でもあまり緊張せずに自然な流れを意識して値引き交渉に臨みましょう。

 

 

 

値引きのタイミングは、最後の印鑑を押す時です。
もう印鑑を押すだけで契約が成立するという最後の時に、
見積もり金額の端数の値引き交渉をします。

 

 

 

例えば2580万円の場合だと

 

 

80万円はキッパリ切ってもらう。

 

 

 

3070万なら

 

 

70万は切り捨ててもらう。ことです。

 

 

もちろん交渉なので成立するケースとしないケースがありますので、
「値引きをしてくれたら今すぐ印鑑を押します。」
とコチラ側も本気度を見せることです。

 

 

相手の営業マンも本人が真剣に値引きをしたい。
を建てたいという気持ちがないと値引き金額もほとんどありません。

 

 

三井ホームの営業マンに誠意を持った値引きを依頼するのであれば、
あなた自身も本気の誠意を見せることです。

三井ホームの値引き契約後

三井ホームの値引きで契約後について説明します。

 

 

 

大きな値引きは契約時に終わったのですが、
契約後にも値引き交渉は続きます。

 

 

 

契約後に値引くものなんてもうないんじゃないの?
と思われるかもしれませんが、実はあります。

 

 

 

契約した後は早速工事にはいるのですが、
計画通りに工事を進めていくわけです。

 

 

 

しかし、途中で工事を変更しなけらばいけないこともあります。
その時に追加料金が発生します。

 

 

 

契約時の見積もり金額は、
減ることはなくても
増えることはあるのです。

 

 

 

 

 

 

余分な工事が増えればその分支払い金額もあがりますのでこんな時は、

 

 

どうしてその工事が必要なのか?
何のために必要なのか?
代替えのアイデアはないのか?
増える箇所があるのなら、減らせる場所はないのか?

 

 

 

などを話し合いをしながら値引き交渉を進めていきます。

 

 

三井ホームの値引きのまとめ

三井ホームで値引きをしてもらうためのまとめとしては
値引きの本質はあなた自身が家を建てるに当たって

 

 

より多くの情報を持っておくことです。

 

 

値引きをよりしてもらうためには
少なくとも営業担当者と同じくらい住宅に関する情報を
持っておくと値引き交渉も優位に進められます。

 

 

そんなに住宅関連の情報なんて知らないよww

 

 

と思うかもしれませんが、
これから知識を蓄えていけばいいのです。

 

 

どうやって情報を集めるのかというと

 

 

住宅に関する本を読んだり、
他社から見積もりを取って比べて見ることです。

 

 

住宅に関する本は、本屋さんに行けば見つかりますし、
ネットのブックショップで購入すると安く購入できます。

 

 

また他社の見積もりを取るには相見積もりが簡単です。

 

 

複数の会社から見積もりをとることを
相見積もりというのですが、

 

 

相見積もりを取る理由は、
他とどう違うのか?何故違うのかを知るためです。

 

 

違いを見つけて営業担当者に質問をしてみましょう。

 

 

合い見積もりで三井ホームが負けてしまうと
他社にお客さんを取られてしまう。

 

 

営業マンからすればせっかくの売り上げがなくなってしまう。
ということを考えるとある程度の値引きを行ってくれるでしょう。
(担当者・契約の状況にもよります。)

 

 

 

そして何より

 

 

あなたが失敗しないためです。

 

 

 

三井ホームの営業担当者は親切だという声がありますので安心です。
立派な会社ですからね。
社会的信頼度も高いです。

 

 

 

しかし

 

 

 

あなたが住宅に関する情報を全く知らなかったら・・・
あなたが住宅に関することを人任せにしていたら・・・・

 

 

 

そう、

 

 

 

失敗します。

 

 

 

三井ホームとの交渉にも役立ちます。
他社との比較見積もりを取ってみることです。

 

 

 

まだ相見積もりを取ってない人はとりましょう。

 

 

簡単に見積もりは取れるので参考値にもなります。

 

 

口コミ

 

 

 

 

私も実際に資料請求をしてみました。

 

3分程度で申し込みが完了して、

 

1週間程度で資料が郵送で届きます。

 

 

 

 

 

 

私の場合、

 

家を建てる前の通常地盤調査が100万前後必要になるのですが、

 

この費用が人数限定で無料になるキャンペーンの案内も届きました。

 

 

 

地盤調査で100万円必要なことも分かったし、

 

資料請求して100万円が無料であればかなり得だと感じましたよ♪
(場合によりますけどね。無料なので安心です。)

 

 

また強引な勧誘の連絡もありません。

 

 

新築を成功させるには努力が必要です。